フラット美肌に。ニキビの原因、解決方法!

 

ニキビは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)と医学的には呼ばれていて、毛穴が詰まり炎症が起きた状態のことを指します。

 

 

肌悩みでよくあげられるの1つで、できる頻度、できる箇所こそ個人差がありますが、誰しも1度はできたことがあるでしょう。

ニキビができるのは思春期だけでなく、大人になってからも悩まされる方は多くいます。

 

 

膨らみがあるとメイクで隠すにもフラットになりにくく、凸凹が目立ってしまい憂鬱な気分になってしまうこともあるでしょう。

そんなニキビができにくくなるよう、またニキビ悩みを解決する為に、ニキビができる主な原因と、そのケア方法を確認しましょう。

 

 

 

大人ニキビの原因

ニキビの原因は大きく2つに分けられます。

1つは皮脂分泌量の増加によるもの、もう1つは毛穴出口が硬くなったりしてしまうことによるものです。

 

 

皮脂分泌量が増加し毛穴出口が角化異常を起こすと、毛穴の中に皮脂がたまった状態で詰まってしまい、そこにアクネ菌が増殖します。

この状態を「面ぽう」といいます。白ニキビとも呼ばます。

この状態から炎症を起こすことで、膿を持ったニキビとなってしまいます。

 

 

ニキビの原因とポイントとなるのが、「皮脂分泌量の増加」と「毛穴出口の角化異常」です。

 

 

 

皮脂分泌量の増加

皮脂分泌量の増加には、様々な要因が考えられます。

 

まず考えられるのが男性ホルモンの影響です。

男性ホルモンは、女性でも、男性でも持っているものです。男性ホルモンが増加すると、皮脂分泌量が増える傾向にあります。

 

ホルモンバランスはストレスや睡眠不足、不規則な生活習慣などで乱れてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

女性の場合は月経の直前で分泌量が多くなる黄体ホルモン(プロゲステロン)にも皮脂分泌を活発にする働きがあることが知られています。よって、生理前になるとニキビができやすいと感じることが増えるのです。

 

 

そして、季節によっても皮脂分泌量は変化すると言われています。

冬よりも夏の方が皮脂分泌量が増える傾向にあるそうです。

 

 

 

 

また、ホルモンバランスや季節の影響だけでなく外側からの要因で皮脂分泌量が増えることもあります。

例えば、肌表面の角層が乾燥すると外部からの刺激を受けやすい状態になってしまいます。

水分蒸発を防ぎ肌乾燥を招かないようにと皮脂分泌量が増加することもあるのです。

 

 

外気の湿度によって乾燥を感じたり、自分の肌状態には合っていないスキンケアを続けることで、皮脂分泌量の増加を招いている可能性もあるということです。

 

 

 

毛穴出口の角化異常

毛穴出口が硬くなる角化異常は、男性ホルモンや常在するアクネ菌による影響だと言われています。

 

皮脂分泌量増加にも男性ホルモンが関係していました。

また、毛穴が詰まってしまうとその中でアクネ菌が増殖して炎症を引き起こしてしまいます。

 

 

 

そして、普段のケアでも角化異常を引き起こしてしまう場合があります。

 

ターンオーバーサイクルが乱れることで古い角質が肌表面に溜まってしまったり、洗浄不足によって肌表面に汚れが溜まってしまうことも原因となります。

 

過度は洗浄は肌乾燥を招くことにも繋がりますが、汚れはきちんと落とし清潔な肌を保つことが大切です。

 

 

 

ニキビのケア方法

ニキビの原因は皮脂分泌量の増加と毛穴出口の角化異常が大きな鍵を握ることがわかりました。

 

では、ニキビができてしまったらどのようなケアをすればいいのでしょうか。
また、ニキビができにくい肌になる為にできることはどんなことでしょうか。

 

 

できたニキビのケア

ニキビができた時には、ひどく炎症しないよう特に清潔に保つようにしましょう。

また、皮脂分泌量が増えないよう、食事等でビタミンB2、B6、Cなどの摂取をするように心がけます。

動物性脂肪や糖質の過剰摂取は皮脂分泌量増加にも繋がるので、日々の食事を意識することが大切です。

 

 

また、アクネ菌の増殖を防ぎ炎症が進まないようにするために膿を取り除くということも治療の1つです。

ただし、自分で力を込めて膿を出してしまうと、ニキビ跡がひどくのこってしまう場合があります。

皮膚科を受診し取り除いてもらうのがよいでしょう。

 

 

 

ニキビ跡のケア

ニキビの炎症がおさまると、ニキビ部分が着色したように跡がのこってしまいます。

ひどい炎症だった場合は凸凹ができてしまうこともあります。

そんなニキビ跡のケアで最も重要なのは、ターンオーバーが正常に行われるようにすることです。

肌の生まれ変わりが滞ってしまうと、ニキビ跡が目立たなくなるまでにも時間がかかります。

 

肌がきちんと生まれ変わるように、栄養が肌まで運ばれるような代謝のよい体作りを意識したり、肌表面に汚れが残らないように適度な洗浄が大切なこととなります。

 

また、ニキビ跡部分には還元作用のある成分であるビタミンC誘導体などが配合されたスキンケアアイテムを活用するのもよいでしょう。

 

 

 

ニキビができにくい肌になるために

ニキビができにくい肌になる為には、ニキビができる原因をできるだけつくらないようにすることが大切です。

ニキビのできる原因となる「皮脂分泌量の増加」と「毛穴出口の角化異常」が起こらないようにしましょう。

 

 

皮脂分泌量が増えないよう、ストレスをためないようにする、生活習慣を正す、食事に気をつける、肌が乾燥しないようにするなど気をつけることができることはいくつもあります。

また、毛穴出口が塞がらないよう、その日の汚れはきちんと落とすようにする、ターンオーバーが正しく行われるようにするなども大切です。

 

 

 

 

PARTIE スキンアジャストはニキビケアにもおすすめです。

スキンアジャストには「ピクノジェノール」という成分を配合しております。

 

 

0.5%ピクノジェノール含有ローションを一日二回洗顔後に塗布する形で大人ニキビに悩む女性40名を対象に臨床的に行われた試験では、50%がやや改善、20%が優位な改善、5%がとても改善、25%が無変化という結果が得られました。

1ヶ月間で75%の人がニキビに対しての改善を感じたいという結果が得られました。

ピクノジェノールの高い還元作用や抗菌作用によるものだと考えられます。

 

 

 

スキンアジャストは季節問わず朝晩使用ができるエッセンスです。

肌にのせるとさらっとのび、べとつきも少ないので就寝前にもメイク前にも使いやすいアイテムです。

 

 

肌が綺麗だと、肌に対する悩みが減ることによって前向きな気持ちなったりと日常生活も充実するでしょう。

ニキビ悩みを解決する為に、ニキビができる主な原因と、そのケア方法を確認し、行動しましょう。