肌を綺麗にしたいなら、負担を減らすケアを心がけて

 

肌悩みがあると、それを解決する為になにかを与えてケアをしようと考えてしまいがちです。

もちろん、与えるケアは肌悩みを解決する1つの手段ではあります。
しかし、それより先に重要なことが肌にかかる負担を減らすことです。

 

 

特に、「綺麗になりたい」という気持ちが強い方こそ、色々と与えすぎてしまい、その結果肌にかかる負担が大きくなって敏感な状態になったり、肌荒れしやすい状態になってしまっていることが多いのです。

 

 

肌は本来、それ自体で生まれ変わる機能を持っています。

しかし、外部、内部からかかる負担が大きくなってしまうと、生まれ変わりのサイクルが乱れてしまったり、未熟な細胞が肌表面に存在することになってしまいます。

 

 

しっかりと自分の肌が機能している状態であることを、まずは目指しましょう。

その為には肌にかかる負担を少しでも減らしていきましょう。

 

 

 

肌にかかる負担の積み重ね

 

誰しも、肌に大きな負担をかけようとはしません。

肌に負担がかかってしまうのは、自分では気がつきにくい所にあるのです。
よって、日々小さな負担が積み重なり、それが肌トラブルの原因となっている可能性があります。

 

 

 

日々のクレンジング、洗顔

スキンケアで負担がかからないよう気をつけるべきことの1つが、クレンジングと洗顔です。

 

洗浄が目的である為に、汚れだけでなく肌に元から存在する潤いをキープする成分までも落としてしまっていて負担をかけてしまっているケースが多くあります。

 

汚れをそのままにしておくことも、肌にとっては負担です。

 

しかし、過度に洗浄力が高いものや、ゴシゴシと擦らないと汚れが落ちないようなもの、洗った後の肌がヒリヒリしたり乾燥するようなものを日々使うのは肌に大きな負担を与えることになってしまいます。

 

自分の肌状態、メイクなどからどの程度の洗浄力であればするっと汚れが落ちるのか、また擦らずに使えるものなのか、使用後の肌はどうなのかを確認してクレンジングと洗顔料選びをしましょう。

 

 

クレンジング、洗顔アイテム、使い方を変えただけで肌状態がよくなったという方が多くいるのは、ここで大きな負担をかけやすいということでもあります。

今日のクレンジング、洗顔時から意識をして汚れを落としてみましょう。

 

 

 

過度なケア

スキンケアアイテムは、沢山塗ればいいというわけではありません。

肌の1番外側の表皮にケアをするのが、日々のセルフスキンケアの主な目的です。

 

 

沢山塗ればそれだけ奥に入り込むわけではありません。

適量を、肌全体にムラがないよう満遍なく塗布することを心がけましょう。

 

 

不安だからといって肌を触りすぎたり、何度も何度も塗り重ねるのは、過度なケアで逆効果になってしまう場合があります。

 

化粧水の場合は、2、3回程度重ねれば問題ありません。

美容液、乳液、クリームなども、手のひらで顔を覆うように全体に馴染ませましょう。

 

 

また、「肌にいい」と思っている成分も、肌からすると負担になってしまうことがあります。

いい変化があるということはそれだけ肌になにかしら働きがあるということです。

高濃度のものが必ずしもよいわけではありません。使う時の肌状態や環境、体調によってもどんな働きかは変わってくることもあります。

 

 

与えるケアをしたい時は、自分の中で何が目的なのかをはっきりさせてアイテムを選び、使用するようにしましょう。

 

 

 

紫外線

「光老化」という言葉があるように、老化の原因の大半は光にあると言われています。

 

 

夏時期には、紫外線量も多くなります。

全く紫外線に浴びないと、ビタミンD不足になってしまい骨粗鬆症などになりやすくなってしまうかもしれないなどという問題はあります。

 

よって、紫外線対策も過度に行いすぎてしまうのは危険です。

しかし、必要以上に浴びることも美容面から考えると避けたいところでしょう。

 

紫外線やブルーライトを浴びると乾燥しやすかったり、シミやシワの原因となったりします。

 

特に、るUV-Aやブルーライトは真皮層まで影響を及ぼすので、その後のセルフケアだけでは悩みを解決できなくなってしまうかもしれません。

紫外線による刺激を受けすぎないようにする為にも、帽子や日傘をうまく活用したり、日焼け止めをこまめに塗るようにしたりとった対策をとるようにしましょう。

 

 

 

活性酸素

肌にかかる負担は外側からだけではありません。

内側からの活性酸素による攻撃によって、細胞が傷ついてしまいうまく生まれ変わり機能が行えなくなってしまうこともあります。

 

 

活性酸素は、生きていればどうしても発生してしまうものです。

ただし、抗酸化作用のあるポリフェノール等を摂取することで活性酸素を少しでも減らす対策はとることができます。

活性酸素による攻撃を減らし、肌にかかる負担も少なくするようなケアが内側からも大切となってきます。

 

 

綺麗になりたいと思う時、与えるケアをよりうまく活用したい時、そんな時こそ肌にかかる負担を減らすところからはじめてみましょう。

 

肌は生まれ変わる機能を持っています。その機能を最大限に活かし、安定した肌状態、綺麗な肌を手に入れましょう。